忠臣蔵

先日は湯島での初ライヴ。
浅見さんとのDUOは面白かった。

会場にもたくさんのお客さん来てくれて嬉しかったなぁ。
湯島では今後も演奏していくと思うので皆さん御贔屓に!

来月は11月30日にブルーズハープの居相さんとのDUO!
これもお楽しみに―!

ぼちぼち年末やら、来年のライヴ予定なんか入れる。
あとは「年末年始はどんな美味いもの喰おうとか」(笑)

映画で忠臣蔵観た。
来月、歌舞伎版を観るためにね。
吉良さん、とことん悪役で描かれて可哀想(笑)
本当のとこは何もわからんからね、歴史は。

けど忠臣蔵、日本人が大好きな要素満載。
まず第一に、強力なヒールが出てきて、それを最終的に善玉がやっつける。
水戸黄門方式ね。 

あと、苦労の果てに達する復讐劇。
半沢直樹方式ね。

歌舞伎にも「仇討物」というジャンルがあって、ことごとく人気がある。
忠義とか敵討ちが大好きね、日本人は(笑)

ちなみに浅野たくみのかみ、切腹になったけど
切腹ってのはけっこう身分のある人の刑ね、
庶民なら打ち首よ。

忠臣蔵は47人の浪士が討ち入りしたけど、何の因果か、
その47年後に初めて人形浄瑠璃として竹本座で興業された。
なんで47年も後かって言うと、基本的に徳川幕府の不祥事みたいなもんやから
幕府が興業を許さんかったんやな。
そやから「仮名手本忠臣蔵」という芝居は、室町時代という設定で展開される。
大石内蔵助が大星由良之介っていう名前で(笑)

ちなみにテレビとかで放映される忠臣蔵、吉良の故郷ではいまだに誰も観ないらしい。
意外と地元では、評判が良いお殿さまやったみたい、吉良(笑)

まだまだ書き足りんけど、今日はこの辺で。