思い出したり

先日は久しぶりに、人のライヴを観に行った。
自分が演奏することが多いんで、たまには人のも観ようかと(笑)

けど、自分はけっこう趣味がかたよった人間なんで、中途半端なもんは観たくないのよね。
ブルーズ系の吾妻光良さんを中野に観にいった。
まあこの人は、ビクターからCDも何枚か出しるからメジャーな人なんやけど
普通に仕事もしてる恐るべきミュージシャン。

内容はとてもよかった。
チャージ¥1500ってのも破格の安さ。
普通に¥5000とかでやってる人やからね。

うん、身が引き締まりましたねぇ、自分も同じくらいの値段とってるからね(笑)

吾妻さんはオリジナルも多数あるけど、
カバーをやっても結局「吾妻節」みたいになって
観客も彼が何を演奏しようと、ある意味そのセンスに陶酔してるんでOKって感じ。

自分もそんな感じがええかなぁ、って思う。
何を演奏しても「冨井節」になるみたいなね。

中野は昔、落合に住んでる頃、ちゃりんこでよく行ってたなぁ。
なんだかその時の気持ちとか思い出した。
ストリートで演奏してた時の気持ちとか。

人間、良くも悪くも忘れてく生き物やからね。

ブルーズ好きな気持ち思い出した。

けど、好きなものを、好きやからって演奏して
受け入れられるほど甘くないからね。
まあしっかり加工して、「冨井節」に仕上げるよ。

今週の土曜日はホームである、新小岩でライヴ。
カバーで何曲か新ネタやります。
お楽しみにー!!