転がる

暑き夏が続くね。

昔はお盆超えれば朝晩涼しだったのにね。。。

アースが悲鳴を上げておる。

新しい動画をUPしたのでぜひご覧くだされ。

「ワダツミ」(wadatusmi)というタイトルの曲です。

この間さぁ、江古田倶楽部のマスターを偲んで以前に住んでいた椎名町から江古田まで歩いて散歩してみたいんだよね。

椎名町駅前の南天っていうお店で久しぶりに肉そば食ってうまかった。

そのあと、昔住んでたアパートを見に行ったり少し思い出に浸ってみたよ。

けど、天候が雨模様なのもあったけど、なんだか、あまり昔を懐かしむような感情は沸いてこなかったね。

どちらかというと「こんなとこに俺住んでたんか?」みたいな感じ。

もちろん、その時は一生懸命に生きていたし、まったく悔いは無いよ。

けど、なんていうか、またその時の暮らしをまたしたいかっていうと違うんだな。

常々思うんやけど、「今が一番良い」というのが理想やし、これからもそういう気持ちで生きていきたい。

そのためにはね、やっぱり挑戦というか、新しいことにチャレンジすることが大事やと思う。

「転がる石に苔は生えない」ってね。

恥かいたり汗かいたりしながら転がっていきたい。

やっぱりさぁ、大人になるとどうしても挑戦するのが億劫になったり腰が重くなったりする部分があると思うのよ。

けど、自分のケツを叩いて、新しいトビラを開けていきたいと思ってる。

アメリカのシリコンバレーではさぁ、失敗の数が重要らしい。

「あいつはあれだけたくさん失敗した」とかね。

それはつまり、失敗したということは、それだけチャレンジしたということできもあるからね。

日本はどちらかというと「失敗しないように失敗しないように」という風潮があるね。

だからなかなか世界的なベンチャー企業とか出てこない。

こじんまりまとまっちゃうのよ。

まあ言うは易し、行うは難しでね。

転がるザマを見てておくんなせー。

10月頃からライヴ再開予定なのでよろしく!