サンキュー、チャーリー!

夏は別れが多い・・・

チャーリー・ワッツ亡くなったね。

ストーンズは、強烈に好きってわけではないけど、

もちろん普通に好きだし、リスペクトに値するバンド。

何年前だったか、東京ドームで観たよ。

まず驚いたのはその音量だったね。

「あれ?音ちっちゃ」って思った。

ドームなんかでのコンサートはやっぱり音量大きいバンドが多くてその結課、いろんな音が回ってバランス悪いことが多いんだよ。

だから俺の中で「ドームでのコンサートは音(バランス)悪い」って認識があった。

けど、ストーンズは違ったね。

音量小さくて、バランス良く、それぞれの楽器の音が分離して聴こえてたよ。

それはやっぱりね、チャーリーのドラムが大きいと思う。

彼はジャズのフィーリングがあるし、年齢も重ねて、ちょうど良い音量だった。

けど、音が弱いってわけじゃないんだ。

ちゃんと存在感があるドラム。

もちろん、巧いドラマーはたくさんいるし、次回のストーンズのツアーは別のドラマーが参加のようだけど、チャーリーがいなくなってしまったことは、キースやミックにとって、かなりの喪失感だと思う。

そもそもバンドっていうのは、音だけじゃなくて「こいつじゃなくちゃあダメ]っていうお互いの信頼関係が大事だからね。

60年間くらい一緒にやった仲間がいなくなるのは寂しいだろうなぁ・・・

さて『富井せいじ」としては、秋からちょこちょことライヴをやってゆく予定。

新しい曲も演奏してゆくし、既存の曲もアレンジを変えた曲が多いので、ぜひ聴いていただきたいね。

やる方も、観る方も、大変な時期ではあるけど、

それでもコツコツと転がってゆきたいと思ってる。

「ぜひとも観に来てください」とは言いにくいけど、

可能な方には「生」で観ていただけると、それはもう、とてもありがたい。

「無事これ名馬」だからね。

皆さん、どうかご無事で!