フラメンコ、フラメンコ

今年も、もう半分終わりそうな勢い。 人生って加速度的に速度を増していくのね。
成増のショーも終わって一段落。
成増で初めてのショーで、どうなることかと思ったけど
思ったよりも、思った以上にお客さんが来てくれて、嬉しいことの限りなし。
成増って、自分にとってはアウェーな距離感なんやけど、馴染みのミュージシャンやら、お客さんが来てくれると
そこには既にアウェー感はなく、まったくもってホーム感漂う戦い方ができたかなと思う。

これも一重に、何度もお会いしている皆々さまのおかげでございます。
どうもありがとう!
いや、もちろん初めて会う人にも感謝なんやけどね(笑)

成増ライヴの前日に銀座の映画館で、「フラメンコ、フラメンコ」とかいう
まさにフラメンコな内容の映画を観た。
これを観た理由。
この日(6月1日)が、映画デーで¥1000だったということ。
この映画自体が最終日だったといこと。

そういう軽薄な理由で観たわけやけど、まあ内容はさほど面白くはなかった(笑)
けど、基本的に俺、フラメンコギター使ってるし、
スペインって好きなんすよ。

初めて海外に行ったの大英帝国だったけど、はっきり言って天気は悪いわ、人は無愛想やわで、印象はTOO BAD。
スペインはまだ行ったことないけど、天気良さそうやし、人もノー天気(褒め言葉)で御機嫌そう。
あと、シカゴにいる時に、よく顔の濃い人達にスペイン語で話かけられたのもあって
勝手にスペイン&南米には愛着を感じてる。

というわけで、CDが1000枚くらい売れたらスペイン行こうかと思い立つ。
いや、もちろんね、気晴らしだけじゃないよ、生のフラメンコも観たいし、闘牛も観て、
作曲、パフォーマンスのための取材もかねてね(笑)
まあそういうのを気晴らしって言うんかな、普通。