ユウコ・スミダ・ジャクソン

今年のお盆は、東京に人が少なくなると思いきやスカイツリーの影響などでそうでもないらしい。
そういや電車も空いてるけど、めちゃめちゃ空いてるってわけはないような・・・

先日は配偶者とともに、ユウコ スミダ ジャクソンというダンサーのワークショップに行ったよ。
スミダさんはマイケル・ジャクソンのバックダンサーとして活躍した人。
やっぱり本物感というかオーラが凄かったな。
踊りも実際見たら切れが凄かった。
けど、そんな人をバックに従えるマイケルって、やっぱり化け物っていうかスーパースターなんやろな(笑)

凄い人の特徴、
媚びない、威張らない、鋭さ、優しさ、が全身から沸き立っているようで、
スミダさんは格好良かった。
実際、マイケルのライヴDVDとかにも映ってるような人やからね、
感動するよ。

日本でほんの少しだけ成功したような人は、
真逆のパターンも多いよ。
媚びる、威張る、鋭くない、優しくない、ってね、
最低な奴やな。
誰とは言わんけど、何人かそういう人にも会ったよ(笑)

まあ俺はね、人を観る、というか感じる時にね、
相手が何を生業にしてるとか身分とかは関係ないわけよ。
要はその人が現在進行形で輝いてるかどうかが問題ね。

それは、その人の眼つきとか所作に現われるからね、
別に「言葉はいらんぜよ」って感じやな。

というわけで、本物のオーラのシャワーを全身に浴びつつ
凡人である俺は23日のショーに向けてフンドシを締め直す心境。

何度だって言うけど、
23日はぜひ観に来てほしい。
再見!