夜と霧

やっと9月になって、容赦のない暑さからは解放されたかも。
ということで、ライヴ活動もぼちぼち精力的にいきまっせ(笑)

なぜか、9月~10月は神奈川方面が多いけど、
基本的には聴いてくれる人がいればどこへでもいきたい。

最近フランクルの「夜と霧」を読んでる。
読書の秋ゆえに?

まあ知ってる人も多いと思うけど、フランクルは、悪名高きアウシュビッツの強制収容所から
奇跡的に生還した心理学者。
内容がディープだけに、さらっとは読めやんけど、
とても興味深い。

その中でも特に感銘を受けたのが、人間には「態度価値」があるって話。
例えば、明日死ぬって判ってても、「笑って生きる」のか「後悔して生きる」のか「哀しんで生きる」のかは
その人の自由で、その態度にその人の本質が出たり、または価値が出るっていうようなこと。

まあ凡人である俺には、「笑って生きる」ことは難しいとは思うけど(笑)

もし可能であるなら、くたばる直前までライヴはやってたいけどね。

さあて、今週は湘南台。
来てくれた人が悦んで帰ってくれるようなステージをやりたいな!