admin のすべての投稿

三重県四日市出身。 1999年単身渡米。 ニューオリンズ、メンフィス、シカゴに滞在しながら本格的な音楽活動を開始する。 ブルーズギターを、伝説のブルーズマンロバートジョンソンの息子、ロバートロックウッドJR氏に師事。ウォーキングベース奏法を学ぶ。 また、ボーカルとステージングを、ソウルシンガーのルーファトス・トーマス氏から指導を受ける。 現在は帰国し、東京を拠点に活動。

選択

毎度。
みなさん風邪などひいてませんか?
俺は正月を前に風邪ひいちゃった(笑)
ブログの更新遅れちゃってすまぬ。

最近はいろんな場所に行って、いろんな人に会って、いろんなことを感じてる。
どうしたって年末は小忙しくなるね。

何かを始めるためには、何かを終わらせる必要があってね。
どんな選択をしても後悔がゼロということはないと思うけど、自分で決めるしかないからね。

で、今の俺の選択っていうのは自分でもも納得がいって、お客さんにも満足してもらえるライヴをやることが一番にくる。

なんで来年はライヴ本数は少し減るかもしれんけど納得のいくステージをお見せしたい。

とりあえずは1月17日が東京では一発目。
ゲストはハーモニカの浅見安二郎さん。
ぜひお楽しみに!

あとは年内は横浜でのライヴが最後か。
いいライヴにしまショー!!

12月23日(日)桜木町サムズバーOPEN 18:00 START:19:00 ¥1500
出演:冨井誠司、どぼるべ、他

ジャクソンズを観る

どーもー。
今年もあと少し、いかがお過ごし?

先週は有楽町の国際フォーラムにジャクソンズを観にいった。
ジャクソンズ知ってる?
マイケルジャクソンのいたグループね(笑)
最初はジャクソン5っていう名前やったんやけど、モータウンってレコード会社から他のレコード会社に移籍した時に、
契約上名前を変えざるを得なくて「ジャクソンズ」になったのね。

そんでマイケルはジャクソンズ時代に「オフ・ザ・ウォール」と「スリラー」のソロ名義のアルバムを出したわけ。
そやから今回の来日もマイケルの死後の後光によるもの。

まあ率直に言うと1万円以上出した割にはパフォーマンスがお粗末やったけど(笑)
なんせ曲が良いからね、ジャクソン5~マイケルの曲まで。
ライヴの曲構成やショーの演出はすごい勉強になったな。

笑ったのが、ショーのあとにメンバーと楽屋で会えるっていう券が売ってて
それがなんと「2万5千円」!!
まあファンにとって安いか、高いかは別として、
いや、やっぱり高いやろ、ライヴが1万1500で、メンバーに会ったら4万近くするやないか(笑)

俺は思ったね、「商売はええけど、もっと歌も演奏もきっちりやれ!」ってね。
日本人のオーディエンスは完全になめられてるね。

その後、なんだか消化不良でマイケルジャクソンの「BAD」のとき(全盛期)のライヴDVDを観たんやけど
凄かった。
曲もボーカルもダンスも全てが完璧。
「あー、このショー生で観れたら2、3万は出すやろなぁ」って思った。

まあ俺も、ライヴ観てくれた人が「こんなんで、この値段は高い」って言われやんように
頑張っていこう!!

江古田倶楽部

もう本物の年末ですな。
今年もみなさんお疲れさまでした、
というかこれからの1ヶ月が忙しいのか(笑)

先日は武蔵小山のライヴでカメラマンの梶原さんに写真を撮影してもらった。
ええ感じの写真が多くて、さっそくホームページでも使わせてもらってます。

話変わるけど、
江古田に江古田倶楽部という店がある。
マスター曰く日本初めてのブルースバーとのこと。
その真偽は別として(笑)、普通の呑み屋でも経営していくの大変やのにブルースバーで30年近く。
これは脱帽に値にするし、俺もかれこれ10年くらい、ライヴやレッスンでお世話になった。
そのお店はマスター1人で切り盛りしてるんやけど、なんともその人が魅力的でね。
愛想やお世辞は全く言わんけど、優しいっていうかな。
俺がたまに被るアルマーニの帽子はマスターからいただいた。
たぶん、「これが似合う男になれ」ってメッセージだったと思う。
そのマスター、今年病気で入院してお店もどうやら新しい店主でやってくみたい。

早く良くなって、お店に復帰してほしいけど、ゆっくり休んでほしいって気持ちもある。
マスターの言葉で覚えてるのは「冨井君、このお店で良いライヴできたら、どこ言っても通用するよ」って言葉。

30歳くらいまで江古田倶楽部でライヴやったのかな、俺も。
いつもライヴ後に小言を言うマスターが、何も言わなくなったのよね、ある時。
それで「ああ、たぶんこれでOKってことやな」って思ってね、ライヴはやらんようになった。
それとも呆れて何も言わんようになったのかな(笑)

江古田のマスターはじめ、いろんな方に目をかけてもらったからね、
中途半端で終わるわけにはいかんのよ、俺。

恩人達に「アイツは俺が育てた」って言われるように
がんばろうと思う。

恩人でもない奴もきっと「アイツは・・・」って言うんやろけどな(笑)

今年の冬は寒いらしいよ・・・
皆さん体に気をつけて。

ひとつに絞る

毎度。
武蔵小山のショーも終わって、ひと息。
あとは横浜の2本で今年はライヴ締め。

今年もいろんな場所で演奏した。
まあライヴ以外もブルーズセッションとかいろいろやってたんやけど、
来年はライヴひとつに絞ろうと思う。

自分の能力とか残された時間を考えるとね、
これ限りがあるからね。

ここではっきりさせとくよ、
俺は趣味でやるなら、音楽やめるよ。
っていうか「自分は趣味でやってます」って宣言する。

俺、金の話が多いと思うけど、これはガメついとか、そんなこやなくてね、
「金もらったら、責任取れよ」ってのが自分の中であるからね。

責任っていうのはつまり、お客さんに悦んでもらうことね。

まあ、そんなこといくら言葉で言ってみたところで
行動が伴ってないとクソやから、
うん、やれるだけやります。

next stage
12月1日(金)野毛ボーダーライン

一人が基本

24日は東京でのライヴとしては今年最後になる。
ソロでの演奏になるけど、新しい曲もやる予定。

世の中、いろんなミュージシャンがいるけど、俺は「バンドじゃないと演奏できやん」ミュージシャンにはなりたくないと思ってる。
そりゃあ、ぶっちゃけバンドの方が心強いし、演奏してる方も気持ちええけどね(笑)
でも一人でも演奏できて、バンドの時はさらに良くなるってのが理想やな。

シカゴに行った時に、もちろん1人で稼がなアカンから、
ギター買って地下鉄で歌いはじめたのが、きっかけというか転機になった。
それまではバンドがないと歌えやんミュージシャンやったからね。

1人ってのは、いろいろと試されるよ、精神力とか体力とかね。
誰のせいにもできやんからね、演奏や、稼ぎが悪くても。

まあ俺の性格的にも宮仕えは向いてないし、
完全なワンマンタイプの人間なんやな(笑)
これはつまりはお山の大将になるリスクもあるし、
いろいろ面倒くさいことも多い。

けど、「自分のケツは自分でふくよ」って生き方が性にあってるんで、
このままのスタイルでやりたい。

ぜひね、皆さん忙しいと思うけどね、観に来てくれたら嬉しい。

NEXT SATGE
11月24日(土)武蔵小山AGAIN

出演:冨井誠司、生活便利GOODS,宮野一彦

欲望

バラクが再選したな。
バラクって、オバマね(笑)
俺はアフリカ系アメリカ人を贔屓するから、素直に嬉しい。
まあどんな政策をしてるかは、知らんけど(笑)
けど、日本みたいにころころトップが変わるより、がっつり長い間やった方がええよ。
何かを変えるためにはね・・・

俺は新聞は日経新聞派なんやけど、この間朝日新聞買った。
確か150円(日経は160円)。 他の新聞はだいたい130円。
まあ正直日経が一番読み応えはあるね、値段が高いだけあって(笑)

朝日には、「景気がゆるやかに悪化してる」って買いてあった。
けどさー、景気なんてここ最近は良くも悪くもなってないよ(笑)
ながーく低空飛行してるだけでね。
完全な頭打ち。

そりゃ、そうやろ。
車も売れん、テレビも売れん、スマホ市場はアメリカと韓国が美味しいところ持っていったし。
車もテレビもね、売れやんのじゃなくて、みんな持ってるのよ既に、欲しい人は。
俺は、テレビはあるけど、車はない、車持つんやったら、タクシーで移動したらええって思うからね、東京なら。
スマホはまったく興味ない。
ジョブズの思考とか人生には興味あるけど(笑)

そう考えると俺なんてね、安上がりって言うかそんなに物欲はないのよ。
行くのはだいたい古本屋とかCD屋ばっかりやしね。

けど、理由はわからんけど、いいライヴをやりたいって「欲望」は猛烈にあるよ。
だから、ミュージシャンの中でも、作品は作るけど、ライヴはあんまりやらんって人もおるけど
アンビリーバブル!
俺は極端な話、ライヴやるために曲作ったり、歌詞書いたりしてるからね。

まあ、いずれにしろ人間には「欲望」があるわけや。
それを汚いもんとせずに、肯定して生きていたきたいな。
やっぱり、ファーストクラスもエコノミーも知ってる人間になりたい。
どっちかしか知らん人間は幅がないよ。実際。
ほとんどの人間がエコノミーで終わるンやけどね(笑)
俺はそれは御免こうむりたい。

ちなみに俺はシカゴから日本のファーストクラスに乗ったことあるよ。
自腹じゃないけど(笑)。

うん、自腹じゃないと意味ないね。

よっしゃ、フンドシ締めなおしてがんばろう!!

しばし・・・

今月はライヴ少なめなんで、読みたい本読んだり、聴きたいCD聴いたり、
曲作ったり、上野公園散歩したりと、無駄?な時間を過ごしてる(笑)
でもねー、人生ほとんど無駄って言えば無駄やからね、
無駄の中から次なるモチベーションを探してる感じ。

まあさし当たっては、今月末の武蔵小山のイベントが大事やけど、
早くも来年のことをぽつぽつと考えてて、久しぶりにワンマンショーをやろかなぁとか考えてる。
いいメンバーと、曲が揃って来たからね。
あとCDもまた作りたいねー。

って、先のことばっか考えてると鬼に足元をすくわれるから、
もう一回フンドシを締めなおして気合を入れていこか。

自分にとっての価値観というか、大事なんは、
いいステージをやって、来てくれたお客さんに失望させない、つまりは満足させる、ってことが一番。

まあ銭は欲しいけどね、それはあとでええよ。
あとでがっぽりもらえば(笑)

あくまでも順番としては、いいものを提供するのが先やからね。
「GIVE&TAKE」ってね、あくまでもGIVEが先なんよ。

だから自分はまずGIVEしまくりたいね、ステージで。
「金返せ!」って言われやんようにね(笑)

先月の池袋のライヴは、お客さんからもバンドメンバーからもなかなか好評で
「やってよかったなー」って思う。

けど、もうそれは終わったことでね、「まだまだ良くなる」って確信してるよ。

皆さんも、皆さんのステージで素晴らしいGIVEをしてください。

ではまた!!

NEXT SATGE
11月24日(土)武蔵小山AGAIN

出演:冨井誠司、生活便利GOODS,宮野一彦

もう年末やなぁ・・・

池袋エールハウスの「黒猫な宴」&新小岩ライヴにお越しの皆さん、
毎度おおきに!!
おかげさんで今回も満員になったし、3S達成って感じで感謝してます(笑)

新しいメンバーとの呼吸もすこしづついい感じになってきて、「コストパフォーマンスがあがってきたかなぁ」と勝手に思ってる(笑)

来年あたりにワンマンショーをできるようにがんばっていきたい。
メンバーも、曲も揃って来たんで、あとはお客さんが来てくれれば(笑)

お客さんにも「いろんな曲を聴きたい」とのお声をいただいてるんで、
毎回なるべく多めに曲をやってるんやけど、やっぱり2時間くらいないと、全部はできやんな。

今回の池袋でのショーのセットリストは
1.哀愁ピエロ
2.銭がなけりゃ
3.ノスタルジー
4・STAND BY ME
5.サニーサイド
6.やみくもに
7.ママの歌
8.営業ブルーズ
9.モノポリー
10.MOJO WORKIN’
アンコール
風の強い街

てな感じで、ノスタルジーとか、やみくもに、モノポリーあたりが評判が良かった。

次回の黒猫な宴は来年、1月17日(木)に決まりそう。
共演はブルーズハープの浅見安二郎さんの予定。
また詳細は近いうちにお知らせしまっせ。

NEXT SATGE
11月24日(土)武蔵小山AGAIN

I’M READY!!

そんなこんなで10月も終わり。
今週は木曜日にショーがあるんで、楽しみ。
池袋では今年最後のショーになると思うんで、ぜひ多くの人に観ていただきたい。
布陣としては、ビッグママショーコ、足立浩さんとのトリオでの演奏で、3人でも結構乗りがええ演奏ができるんちゃうかな。

あと、おかげさんで新しい曲の「モノポリー」がいろんな人に好評なんで、来年くらいにCDにしようと思ってる。
まあそのためには、やみくもにのCDをあと200枚くらい売らなアカンのやけどね(笑)
拡大再生産方式で、稼いだ銭は次の作品に投資しまっせ!
「やみくもに」より銭をかけて作る予定っす(笑)

さあて、明日は最終リハをスタジオで行う。
汗だくでやるぜ(笑)

では今日も読んでくれてありがとう!
ショーで会いましょう!!

「黒猫な宴」
池袋エールハウス

OPEN 19:00 START 20:00 ¥2000
出演:冨井誠司、山田庵巳

同じ日に生まれた男

秋は気候が気持ちよくて、思わず睡眠を貪り、おまけに暴飲暴食で目方も増え気味。
怠惰な俺は、サウナでも行って楽して毒素を出す。
ライヴに向けて少しは体を絞るかな(笑)

世の中には、生まれた年が同じとか、誕生日が同じ人なんてのは、たまにいるもんやけど、
生まれた年も、誕生日もまるで同じなんて人は滅多にお目にかかれない。

その稀少な男が、10月25日に一緒にライヴをやる山田庵巳氏。
下の映像の人ね。

彼とは5年くらい前、たぶん・・・
秋葉原のライヴハウスで共演した。
その時は一言、二言しか喋ってない(笑)

ただ、俺もライヴはかなりやってきたから、それなりに多くの音楽人と会って来たけど、
「こいつ、クソやな」って奴もかなり多い。
というか、そっちの方が多い(笑)

けど、山田氏(確かその時はバイオリンとのDUO)のリハを聴いたとき
いい意味で「誰やコイツ」って思ったね。

歌もギターも楽曲も歌詞も、群を抜いて素晴らしかった。
はっきり言って俺とは真逆のスタイルやけど、
そのクオリティーは間違いない。

まあ人には好みがあるからね、10・25にきてくれた人全てが
俺と山田氏の演奏を気に入ってくれるかどうかはわからんけど、
ぜひとも足を運んでほしいな、と心から思う。

俺も「ベストオブ冨井誠司」っていう選曲でやるよ。

ではまた来週!!

「黒猫な宴」
池袋エールハウス

OPEN 19:00 START 20:00 ¥2000
出演:冨井誠司、山田庵巳