「未分類」カテゴリーアーカイブ

武道館

武道館へ斉藤和義のライヴを観に行った。
はずかしながら武道館は初めてやったんやけど、
「えっ、武道館ってこんなに狭いんや?」っていう感じで、かなり意外やった(笑)
まあその分、底が深いって言うか観客が見下ろす感じの作り(横幅がなく、高さがある)で音楽やるにはええ場所やなって思ったよ。
はっきり言って、ドームとかアリーナとかは音がぐるんぐるん廻るわ、出演者は米粒みたいに小さいわで、
オーディエンスとしては最悪の環境やからな(怒)

ハコの話はそれくらいにして、斉藤和義。日本人の中では一番好きな歌い手で、だいぶ前から好きやった。
今でこそ「ミタ効果?」で露出も多くなってメジャーな感じもするけど、
10年前くらいは「斉藤和義好き」って言うと、「誰それ」って感じやった(笑)

斉藤和義は現在45歳。
10年前、彼が35歳の時に「35STONES」ってアルバムを出して
自分はその当時25才、上落合の家を追い出されて椎名町に引越したばかりの頃やった。
「斉藤和義、もっと世の中に評価されてもええのになぁ」って新宿のCD屋でそのアルバムを視聴したのを今でも憶えてる。
余計なお世話やけどな(笑)

あれから10年、今じゃあ斉藤和義のライヴもでかい場所が多くて
今回は追加公演で武道館2連発。
大盛況らしく我がことのように嬉しい。

そうは言っても、自分も音楽をやっている身としては少しでも上に行きたいと思ってる。
武道館は無理としても(笑)
よく「自分は音楽やってれば幸せで、欲は無いっす」みたいなこという奴がおるけど
それなら「スタジオとか家でやってくれ」って思うよ。
お金取って人前でやる以上は覚悟をもってやらなあきまへん。

果たして自分が45歳になった時、
どんな場所でどんなライヴができるやろか?
それはすべて、「今の自分の生き方にかかってくるな」とつくづく
思った武道館の帰り道やった。

あっ、斉藤和義のライヴ、「今まで観た中で一番良かったっす」
はい。

読書

自分は基本的に面倒くさがりなんやけど、
ルールを作らなアカンからこのブログも毎週月曜に更新することにしたよ。
たぶん(笑)

最近は読書づいてて、風呂の中とか夜寝る前に良く読む。
今はスティーブジョブズの伝記を読んどる。

別にコンピューターに興味はないけど、彼の生き方とか言動にロックを感じて読み始めたよ。
若い頃にインド行ったりLSDやったり、「お前はビートルズかっ」!て感じで面白い(笑)

ジョブズはかなり音楽好きで、特にボブディランの大ファンらしいのも興味深い。
30歳の誕生日にハッピーバースデイを歌ってもらうためにボブ・ディランにオファーしたらしいよ。
もちろん断られたけど(笑)。
でも替わりにジャズの大御所、エラ・フィッツジェラルドが来てくれたらしいから、
やっぱり只モンやないね。

そんなジョブズもアップルの偉いさんの時、部下に悪態ばっかりついて
どんどん優秀な部下がやめていくんやけど、
「お前みたいな奴辞めてもええよ」って強がったあとに
「最後にハグしてくれんか?」って言ったり人間臭いところもあって面白い。

やっぱり天才を生む国アメリカ。
残念ながら、日本のビジネスマンでそこまでカリスマとかがあって
¥2000も払って伝記を読みたくなる人はおらんよ。

ちなみにこの伝記。
上巻、下巻があるんやけど
さすがにワイも下巻は買わんけどね(笑)

最後にジョブズのええ言葉をひとつ
「人生はそんなに長くない、だから1日1日ベストを尽くす!」

当たり前の言葉やけど
「ライク・ア・ローリング・ストーン」で生きたジョブズに言われると
グッとくるもんがありまっせ。

初ブログ

皆さんお元気ですか?
WEBも新しくなって心気一転。
これからも応援宜しくお願いします。

まあ、ブログの口調は前にままにさせてもらいまっせ(笑)
4月に発売予定のCDも、録音はほぼ終わってあとはいろいろ細かい作業って感じ。
当初は5曲入りの予定やったんやけど、お客さんの声や知り合いの音楽プロデューサーなどの
意見を踏まえて2曲増やして7曲に落ち着くことになった。

CD発売ライヴは4月12日が最初で、あとはもうライヴをがんがんやりまくるしかないな(笑)
基本的には自分はライヴ人間なんで、今回みたいに3ヶ月くらいライヴ無しで録音漬けなんて記憶にない。
おかげで、否が応でも自分の音楽と向き合わなアカンくて、ハードやけど楽しい日々やね。

今回のCDジャケットはバンバンバザールのジャケットなんかを手がけてる南さんにお願いして、ホンマに納得のいくもんができたよ。

やっぱり仕事は、自分がリスペクトできる人とやるのがベストやね。