「未分類」カテゴリーアーカイブ

クセ者出世論

先週は知り合いの山田庵巳のライヴを観に、西日暮里へ。
っていうか、俺は日暮里在住なので、歩ける距離(笑)
この日はフラメンコ・ライヴ&山田のコラボということで、観に行ったんやけど、
まあまあ面白かったよ。

フラメンコギターの弾き方やら、ダンサーのステップとかいろいろと目で追いながらのライヴ観賞。
フラメンコも日本人がやると、情熱的というよりは「やっぱり真面目な国民性やなぁ」と思った。
ミスなくきっちりやる感じ。

まあでもね、ライヴは特にね、別にミスがあってもええと思うのよ、ぶっちゃけ(笑)
その瞬間にしかないパッションがあればね。
完璧なものはそもそも世の中には無いし、完璧に近いものはCDで聴いたらええからね。

話は変わるけど、最近よく思うこと。
所謂、世に頭角を現す人物、これたぶん曲者が多いんじゃないかなと。
日本人の国民性としてはね、抜きに出るのが苦手やし、控えめな人多いね、実際。
でもぶっちぎる人ね、まあ例えば社長とか、そういう人はね、
所謂「いい人」ではないのよ、俺の経験では(笑)

「いい人」を演じるというか作り込むのはね、そんなに難しくないし無難でリスクが低い。
それに対して、「曲者」になるのはね、一歩間違えばバッシングの嵐やし、リスクが高いわけや。
「いい人」タイプは腐るほどいるから例を出さんけど、
「曲者一流タイプ」としては、野球で言えば、野村、落合。
落語で言えば、立川談志。
ミュージシャンで言えば、永ちゃん。
企業家で言えばスティーヴ・ジョブズ。 あ、ジョブズは外国人か(笑)

俺も音楽活動してるとね、いろいろな人物に会うわけよ。
でね、やっぱり器の大きい人は、曲者でありつつ、その裏に人情とか優しさを兼ね備えてるわけよ。
人間なんてね、表裏一体やからね。
「いい人」なイメージやけど、非常で冷たい奴なんかも一杯見てきたよ(笑)

だから、人当りがいいとか、悪いとか、そんな単純な図式では人間は計り難い。

俺が世に頭角を現すかどうかはさておき、まあ今更「いい人」を演じる気はさらさらないんで(もう遅いな)、
せいぜい「曲者稼業」に精を出そうと思う(笑)

NEXT LIVE
5月15日(金) 駒込FLAT 5 21:00~ ¥1000
ピアノのビッグママショーコがお膳立てをしてくれたライヴ。
¥1000はサービス価格やな(笑)
場所がわかりにくいんで、お越しの方コチラへTEl 03-3823-1440

フラメンコ、フラメンコ

今年も、もう半分終わりそうな勢い。 人生って加速度的に速度を増していくのね。
成増のショーも終わって一段落。
成増で初めてのショーで、どうなることかと思ったけど
思ったよりも、思った以上にお客さんが来てくれて、嬉しいことの限りなし。
成増って、自分にとってはアウェーな距離感なんやけど、馴染みのミュージシャンやら、お客さんが来てくれると
そこには既にアウェー感はなく、まったくもってホーム感漂う戦い方ができたかなと思う。

これも一重に、何度もお会いしている皆々さまのおかげでございます。
どうもありがとう!
いや、もちろん初めて会う人にも感謝なんやけどね(笑)

成増ライヴの前日に銀座の映画館で、「フラメンコ、フラメンコ」とかいう
まさにフラメンコな内容の映画を観た。
これを観た理由。
この日(6月1日)が、映画デーで¥1000だったということ。
この映画自体が最終日だったといこと。

そういう軽薄な理由で観たわけやけど、まあ内容はさほど面白くはなかった(笑)
けど、基本的に俺、フラメンコギター使ってるし、
スペインって好きなんすよ。

初めて海外に行ったの大英帝国だったけど、はっきり言って天気は悪いわ、人は無愛想やわで、印象はTOO BAD。
スペインはまだ行ったことないけど、天気良さそうやし、人もノー天気(褒め言葉)で御機嫌そう。
あと、シカゴにいる時に、よく顔の濃い人達にスペイン語で話かけられたのもあって
勝手にスペイン&南米には愛着を感じてる。

というわけで、CDが1000枚くらい売れたらスペイン行こうかと思い立つ。
いや、もちろんね、気晴らしだけじゃないよ、生のフラメンコも観たいし、闘牛も観て、
作曲、パフォーマンスのための取材もかねてね(笑)
まあそういうのを気晴らしって言うんかな、普通。

山田とジョニー・ウィンター

久しぶりにライヴがない週末やったから、たまにはインプットが必要やと思ってライヴを見に行ってきたよ。
山田庵巳という男と、ジョニーウィンター。

山田庵巳は、以前に秋葉原のPAGODAというお店で共演して、その演奏にぶったまげた。
日本に弾き語りの人は数々いれど、俺が観て知る限り一番凄い。 っていうか一番好きかな(笑)
久しぶりに見たけど相変わらず凄かった。ワンステージで3曲という曲の長さ、もとい歌物語とも言うべき精巧な曲作りとステージ。
彼にしかないワールドをパフォーマンスできるという面で無敵。日本にも本物がいるというのが嬉しいね。

ジョニーウィンターは、そんなにファンじゃないけど、毎年5月恒例のJAPAN BLUES CARNIVAL(日比谷野音)を観にいった。 ジョニーも若いイメージがあったけど、ようく考えたら70近い年齢。
ぶっちゃけ声はもうでてない(笑)
けど、伝家の宝刀のスライドギターは凄かったね。
さすがに「100万ドル」のギタリストと呼ばれただけのことはある、本当は最初の契約金が100万ドルじゃなくて60万ドル(6千万円強)だったらしいけど(笑)
それでも70年代の話やから、えらい大金やね。
曲もお約束の「ジョニーBグッド」やら「モジョ・ウォーキン」やらスタンダード連発で格好良かった。
さすがに立ってるのはしんどいらしく、終始座ってたけどね(笑)

動画観てもらえばわかると思うけど、この二人、演奏スタイルや特徴は正反対。
やけど、俺の中では一緒なんやなぁ、メーターが吹っ切れてる点で。
どういうことかと言うと、まあどんなビジネス(音楽も)でも一緒やけど、他人にない無敵の武器を磨きまくることが
生き残る秘訣やと思うんや。
とんこつラーメンなら、とんこつラーメン。
カツ丼なら、カツ丼っていう風にね(笑)

まあなんでも平均点っていう、ファミレス的な発想は日本らしいけど、
今からのサバイバルな時代には、それは逆にリスク高いんちゃうかなぁ・・・

俺も再度、自分にしかない味(武器)を磨きまくって勝負するしなかい。
肩凝るけど、やるしかないな(笑)

NEXT SHOW!!
6月2日(土) 東京・成増On the railroad
ヴァイオリンの竹やン、ベースのマッキーさん来てくれるらしい
新曲もやるよ!

アグレッシブ

埼玉のライヴも盛況に終わって、共演者の浅見さん、きんごろうさん、羽鳥さん、柳さん、ありがとうございました。
そして、埼玉では久しぶりにもかかわらずたくさんのお客さんが観に来てくれたことに感謝します。
どうもありがとう。
中には、4月のCD発売ライヴから、3回も4回も観に来てくれてる方もいて、まあ言葉にならんほどありがたいっす。
精進して、もっといい曲を作っていきます!

さて、巷では金環日食とやらが話題らしいけど、俺はあんまりTV観やんから知らんかった(笑)。
まあ知っててもたぶん朝起きれやんかったと思うけど・・・

それよりも、大の相撲好きとしては、千秋楽の旭天鵬の優勝にもらい泣きしたよ。
別に旭天鵬のファンではないけど、土俵経歴20年目の優勝には胸が熱くなった。
相撲を知らん人に説明すると、旭天鵬は平幕っていう地位で、ぶっちゃけそんなに強くない(笑)
普通は横綱、大関が優勝するもんやけど、今場所は白鵬が初日に手の指を骨折。
荒れに荒れた場所を大ベテランが締めたわけやけど、優勝パレードの旗手(優勝旗を持つ付き人みたいな役)を白鵬が
「自分しかいないでしょう」と手を上げたのも男気を感じたな。
普通は横綱が旗手なんかやらんし、普段は逆に横綱土俵入りの太刀持ちを旭天鵬がやってる。

旭天鵬は既に日本人やけど、モンゴル出身。
同じモンゴル出身の先人をリスペクトした白鵬、大した男やな。

まあ本当は俺、稀勢の里(大関)が好きで、今場所は優勝できるチャンスやったんやな。
けど途中で守りに入って一気に失速したよ、稀勢の里。
逆に旭天鵬の後半の相撲、とても37歳には思えやんほどアグレッシブやったよ。

相撲以外でも言えることやけど、やっぱりね、攻め続けやなアカンと思う。
守り腰になったら、勝てるもんも勝てやんよ。
そりゃ、人生ね、いつも順風満帆じゃないから、守らなアカン時もあると思うけど
守ってる時も攻めの気持ちを忘れたらあきまへん。

そんなわけで、5月のライヴは終わったけど
6月の3本のライヴ、さらにアグレッシブに行きたいな!
ぜひ見届けておくれやす。

NEXT SHOW!!
6月2日(土) 東京・成増On the railroad

折り返し

武蔵小山でのライヴも無事盛況に終わったよ。
対バンの二組も素晴らしいパフォーマンスで良かった。
まあどんな商売でもそうやろけど、やっぱり横のつながりは大事やね。
自分はいいミュージシャン仲間に恵まれて、いろんなところでライヴができる感じ。
これからもいいミュージシャン達といいショーをやって、多くのお客さんに楽しんでいただきたい。

話変わって相撲の話。
俺、相撲大好きなんやけど、今の横綱一人、大関6人ってのはバランスとしていびつな感じやと思うね。
6人も大関おるんやったら「はよ、上(横綱)あがれよ」って(笑)
白鵬もすこし疲れてきてるし、誰か横綱にならなアカン。
可能があるのは、稀勢の里、把瑠都、鶴竜くらいかな。
琴欧州は腰高、苦手多し、メンタル弱し。
日馬富士は軽量、波あり。
琴奨菊はメンタル脆し。

まあ持ってる素材からしたら把瑠都、稀勢の里、鶴竜の順。
けど把瑠都、稀勢の里は雑な一面もあって、それを克服すればいけるかも。
あなどり難いのは鶴竜で、派手さは無いものの相撲の取り口が緻密で、メンタルもかなりの気の強さを感じる(寝ぼけた顔してるけど)

まああとは相撲界のシステムの問題で、横綱は負けが込んだら引退あるのみ。
大関は負越してもカド番制度があって、2場所連続で負け越さない限り大丈夫。

そう、社長よりも重役の方がオイシイみたいなとこがあるんや(笑)
でもあくまで相撲はガチな世界(八百長あったけどな)なんやから、頂上を目指してほしい。
相撲にまでゆとり教育はいらんぜよ!

とまあ、相撲の話はこれくらいにしといて、
CD発売ライヴも半分くらい終わって、これから後半戦。
一応赤坂でのライヴが千秋楽で、そのあとのことはあんまり考えてないことにしておこか。
ホンマは考えてるけどな(笑)

まあ前半戦は、想像通りな部分とそうでない部分があったかな。
「思惑通りに物事は進まん」っていうのは、ある意味予想通りやけどな。

後半戦は演奏曲とか打順(曲順)なんかも、変えていこかと思ってる。
野球の監督じゃないけど、使える曲、使えやん曲とかを見極めてな。
前半観に来てくれた人も是非後半も観にきておくんなはれ。

NEXT LIVE
埼玉西川口DOW-YA スペシャルゲスト 浅見安二郎(日本ハーモニカ賞受賞の名人)

岡本太郎記念館

GWは横浜でギグを一本やった。 いつも応援してくれる横浜のお客さんや、埼玉の方からはるばる見に来てくれたお客さんもいて、すごく嬉しかったよ。 どうもありがとう!
なんとか恩返しというか、皆さんにパワーを伝えられるようなステージをしていきたいね。

この間、青山の岡本太郎記念館に行ってきた。
作品ももちろんパワフルやけど、彼の残したメッセージがいつもぐっとくる。
「過去も未来も関係ない、ただ今瞬間瞬間があるだけ」とか
「自分なんか蹴飛ばすくらいがちょうどいい」など。
ワイルドでロックな言葉が格好ええ。
そして、言葉だけじゃなくて彼が生き様でそれを実践したことが素晴らしい。
言葉だけなら誰でも言えるからな(笑)

もともと自分は漫画家になりたかった頃もあったんで、
絵描きとか漫画家はかなりリスペクトする(笑)
でも絵描きの中でも、岡本太郎は激しさとか生き様の点で別格。
正直、作品の全てが良いとは思わんけど、なんというか迫ってくるエネルギーが群を抜いてる感じ。

「安全な道と、危険な道があったら、迷わず危険な道をゆく」っていう言葉も、
彼が言うと様になる。

やっぱり歌もそうやけど、何を歌うかよりも、誰が歌うかが大事なんちゃうかな。
ボブ・ディランの歌なんか、他の人が歌ってもしょぼいからな(笑)

まあ自分も、人様の前で歌なんかを歌わせてもらうんやから、
メッセージに見合った生き様を見せていかなアカンなぁと思う。

過去も未来も関係ない、つまりは今しかない、
うんやっぱりそれが理想やね。
やっぱり自分の場合はライヴを一番に考えてやっていきたいな。

NEXT LIVE!
5・13 武蔵小山AGAIN

ちょいと一休み

4月のライヴも終わって、今は少し脳みそと体を休める時期。
4月はライヴ3本やったけど、どこも多くのお客さんが来てくれて嬉しいしありがたい。
ホンマにどうもありがとう!

おかげさんでCDもけっこう売れて、いいスタートダッシュが切れた。
CD買ってくれた人はどんなシュチュエーションで聴くんやろか?
家、はたまた車、もしくはi-pod的なもの?

今回のCDは自分で全部やったんで(音量の調整など)、嫌というほど自分の曲聴いたよ(笑)
皆さん、ぜひ僕よりも多く聴いてくだされ(笑)

皆さんの感想なんかを総合すると、今のところ
哀愁ピエロ
星のセレナーデ
ララバイ

あたりが割と評判がええかな。
意外な気もするし、「まあそうかな」って気もする。
そういえば、ララバイは新小岩でフルバンドでやったけど盛り上がったな。
やっぱりバンドは気持ちええよなぁ、演奏する方も、聴く方も(笑)

普通は、CD出してのライヴは、CDの曲中心で同じようなセットリストでやっていくんやろうけど
5月以降のライヴはそれプラス、新しい曲とか昔の曲とかもブレンドしていきたい。
同じ曲でもアレンジ変えたりね。

リピーターのお客さんが観て「また同じやんけ」って思うショーは避けたいな。

ああ、こんなこと書いたら、また練習せなアカンな(笑)

NEXT LIVE
5月5日(土)横浜・石川町 音小屋

グイレイトフル・デッド

横浜でのショーも無事満員で終わることができた。 一緒に共演した出演者の方、お店の方、そしてもちろんお客さんに感謝したい。
どうもありがとう!

最近は3Sを自分としては大事にしてる。
お客さんの満足、これがもちろん一番大事。
その次にライヴをやらしてくれるお店の満足、これ二番目。
最後がミュージシャンの満足。
これが逆になるととんでもないことになりまっせ。
もちろん伝えたい想いとか楽曲はあるんやけど、それがお客さんにとって気持ちええかどうかが重要やね。

上は最近読んで面白かった本。
「グレイトフルデッドに学ぶマーケティング」
グレイトフルデッドってうバンド知ってる?
実は自分もよく知らんかったんやけど有名なバンドみたい。
時代的にはビートルズとかストーンズとかの少しあとくらいかな、でも今でもやってるみたい。
レコード会社が音楽ビジネスを管理してた時代に、自分達でチケット管理したりセルフマネージメントしてたらしい。

なかなかええなと思ったのが、自分たちのライヴの録音をファンに許可したり、
グッズとかもオフィシャルじゃないバッタもんの物も許可したところ。
器が大きいというかアホというか(笑)。

でも彼らはわかってたみたい。
ビジネスの基本、「損して得とれ」ってことを。

ファンが録音したテープが、より多くの人に聞かれたり
バッタもんのグッズを見た人が「誰やこれ」ってことで、
人気が加速したらしいよ(笑)

うーん、グレイトフルデッドにいろいろ学ばなアカンなぁ・・・

NEXT LIVE 4月28日(土) 新小岩チピー

4・12 ライヴレポ

どうも。
先日の池袋のCD発売ライヴにお越し皆さんありがとうございました!
その日のセットリストです。

セットリスト
1.星のセレナーデ
2.銭がなけりゃ
3.やみくもに
4.哀愁ピエロ
5.モノポリー(新曲)
6.君をのせて
7.トミーBグッド
8.コーヒーサンバ
9.SWEET HOME CHICAGO
10.ララバイ

アンコール 
サニーサイド

この日は、昨年の12月以来のライヴでしかもCD発売ライヴってことで
楽しみ&緊張感もあったよ。
誰もお客さんが来なかったらどうしようってね(笑)

おかげさまでお店も一杯になって、CDもたくさんの方が買ってくれて嬉しかったよ。
この日も一人で何枚も買ってくれるお客さんがいたり、ちっちゃいお子さん連れで、
CDだけ買いに来てくれたお客さんがいたりで感無量やった。
ライヴも、新曲のモノポリーが好評やったりと
すごくフィードバックのあるライヴやったね。

自分としては、ライヴはお客さんとのコミュニケーションの場でもあると思ってるから
いろんな人に久しぶりに会って話ができたのがうれしかった。

あと、音楽的には冬場の間に結構曲を書き溜めたんで
今後のライヴでも小出しにして披露していく予定。
一気にやるとネタがなくなるからな(笑)

まあ自分はライヴが売りなんで、
「いつ観ても同じやなぁ」っていうライヴはやりたくない。
毎回少し違って、何回も観たくなるショーをやたいと思ってるよ。

とりあえずはCDを売らなアカンけど(笑)

また皆さんと会えるのを楽しみにしてまっせ!

NEXT LIVE 4月20日(金)

ギグだぜ!!

どうも。
ライヴが近いから今日はあえてロック調で書くぜ(笑)

おかげさまで結構CDも売れてるぜ。
中には一人で複数枚、大人買いしてくれて涙が出るほど嬉しいぜ。
多い人は5~10枚!

今回のギグはもちろんCDの曲中心になるけど、新曲もやるしエレキも弾くぜ。
昔の曲しかやらなくなったらロッカーはおしまいだからな。

4月12日(木)「CD発売ライヴ!」
池袋Ale House
Open 19:00 Start 20:00 ¥2000
出演:冨井誠司、Asianまんはったん

まあ曲作ったり、CD作ったりするのも、結局はいいショーをやるために
チマチマとやってるようなもんだからな(笑)

花見もいいけど、ぜひライヴ会場にも足を運んでくれよ。
待ってるぜー!